« 春の顔 | トップページ | 今年のおひなさま »

2009/02/20

NODA MAP 「パイパー」 渋谷Bunkamuraシアターコクーン

2


野田秀樹の最新戯曲「パイパー」を観てきた。
本当は来週の25日の夜に観る予定だったのが、不注意で他のライブとバッティング
してしまったので、急遽チケット交換サイトで18日のチケットと交換してもらったのだ。
ネット社会の恩恵に与ってるなぁってつくづく感じるのはこう言う時だと思う。

今夜はこまつ座に続き、珍しく一人での観劇。
何となく自分の中で野田作品は一人で観るに限るといった決まり事がいつの間にか
出来上がっていた。
別に人と感動を分かち合いたくない訳では無く、野田さんの舞台は見終わった後
必ずと言っていいほど、その戯曲が訴えるメッセージがどういう意味を持つのかを、
つい突き詰めて考えたくなる衝動に駆られるからなんだと思う。

これから述べる感想が果たしてネタバレになるのかどうかは判りません。
しかし、一切の情報を入れたくないという方はご遠慮された方が賢明かと・・・




「パイパー」について知っていたのはただ一つ、火星が舞台の話という一点のみ。
正直言って生まれてこの方SFというものに一度も興味を持った事がない私にとって、
火星人のお話をわざわざ観に行くなんてあり得ない事の一つだった。
しかし、ここは野田戯曲である。
火星人=SFなんていうシンプルな方程式が成り立つ訳もなく、「オイル」や
「ロープ」同様、未来という設定だけを借りたリアルな今がそこにはあると確信するから
劇場に足を運ぶのである。

舞台は1000年後の火星。
そこに住むダイモス(松たか子)とフォボス(宮沢りえ)という姉妹が物語の
牽引役である。
ストーリーは正直この場で簡潔に説明が出来るほど単純な内容では無く、かといって
難解かと言われるとそう言う訳でもなく、物語の時間軸が色々と飛ぶ事にさえ付いて
行ければ十分に楽しめる内容だと思う。
野田さんの舞台を観る時まず考えるのは、目の前の舞台で起きている事は本当は
どこで起きている事なのかという事。
「ロープ」では目の前のプロレスのリングが実はベトナム戦争の戦地であり、
そこで熱狂している役者は現代(いま)を生きる私たちの愚かしい姿だったりする。
今回も観ていて気になるのはやはりその設定だった。
今回のキーワードの一つに「数字」がある。
「数字」が持つ怖さや不確実性、数字に依存し冒されてゆく人間の愚かさ。
舞台上で「数字」は、幸せの度数を測る数値として舞台の上の登場人物を
翻弄させる。
物語の進行と共に、舞台上の設定がほんの一部のエリート達に情報操作
された北朝鮮の市民の現状にも思え、そこに行けば必ずや地上の楽園が
存在すると信じ、ひたすらに国家元首を崇拝してきた彼らの悲劇にも映り、
さらに進むともっと大きな規模の「地球」単位の問題に感じられるようになってくる。
自然破壊や数字至上主義ともいうべき実体のない社会の脆さを言っているのか、
今まで観た野田作品ほどテーマが凝縮していないような印象なので、
メッセージに対するこれだという確信は持てないけれど、
気の遠くなるほど先の1000年後の火星と2009年を生きる我々の現代が
危うい糸で繋がっているという事だけは判った。

自分の身に起こっている問題を先送りにしようとする無責任さを「今」
終わらせないとどんな事が起こるのか・・皆誰もがうすうす感じているのに
何もしようとしない鈍さを恥じるべきだろう。
この状況を誰かが助けてくれるなどと思っている事のツケは確実に返ってくる。
そう思いながらふと、この問題に最も危機感を感じているのは今の若い世代で、
鈍い人種の多くは私を含む昭和生まれの世代の事なのではないかと気付く。
今の若い世代は他者に期待できない環境で育ってきた分、不確実なモノに対し
非常に醒めた目を持っていると感じることがある。
「個」が必要以上に確立していて他者との繋がりを拒否していたり、
自分の未来に対し「夢」を持てない環境かと思うとそうでもなく、
しっかりと次の時代を見据え自然や人間社会に還元できる事は何かを
しっかりと考えているのが次世代のスタンダードだったりするのが面白い。

・・・と、話は変にずれてしまったので少し戻そう。

ところで、話の中に出てくるパイパーは一体何だったんだろう。
パイパー、この「笛吹き」という意味を持つ存在は見終わった後も
何物だったのか判らなかった。
もしかして、笛を吹きながら民衆を扇動し、やがて破滅へと導いた
得体の知れない存在の事をさしているのだろうか・・
そんな事を思ったりもしたが、舞台を観る限り民衆を扇動しているのは
「数字」である。
始めは友好的で幸せの象徴だったパイパーが、やがて荒廃し人の命を
脅かす存在になってゆく。これはどういう意味を持つのか・・?
やっぱり、この場で言葉で簡単に説明できるほど私はその正体の尻尾を掴んでは
いないのかも知れないので、どなたかご覧になってその尻尾を掴んだ方がいたら
是非教えて頂きたい。

出演している役者さんは、松たか子さん、宮沢りえさん、橋爪功さんとどなたも
野田戯曲を心底愛している方ばかりで、最高の代弁者ばかりだった。
松さんはいつもながら口跡の良い台詞で言葉の洪水を上手にまとめ観客に正確に
伝えていたし、りえちゃんは変幻自在の声色を駆使し、時間軸を自由に飛び回って
いた。
現在の演劇界における若手女優の双璧が力を競っている、
そんな贅沢極まりない舞台だった。
橋爪さんは昔一度だけ映画でご一緒した事があったが、その時に感じた
柔軟な印象のまま、意気の良い若手の役者の間を飄々とすり抜け、
重くなりがちなテーマに軽妙な風を送ってくれていた気がする。
大好きな役者さんの一人である。

舞台自体も映像を駆使し、複雑な時間構造を明解に説明する役割をしていたのも
良かった。
いつも楽しみなひびのこづえさんの衣装は、アンサンブルの役者達が着ていた
赤茶と鮮やかなブルーの衣装がキレイで印象的だった。

最後に一つ、私が観に行く数日前にりえちゃんの妊娠&結婚が報道された。
この物語をりえちゃんのお腹の揺りかごで聞きながら、お母さんと一緒に疑似体験
している赤ちゃんの目には何が映っているんだろう。
現在の我々に対し決して遠くじゃない未来への警告と、生ぬるい我々への
警鐘を鳴らすこの戯曲の意味を、子を宿した母としてのりえちゃんが
どんな風に感じているのか今の彼女だから感じているだろう言葉を
聞きたくなった。

次は来月7日の井上ひさし書き下ろし、蜷川幸雄演出、藤原竜也&小栗旬の
「ムサシ」が待ちかまえている。
「天保十二年のシェイクスピア」以来のプラチナチケットのこの舞台。
才能と才能のせめぎ合いを、心して観に行かねばと思っている。

« 春の顔 | トップページ | 今年のおひなさま »

コメント

こんばんは。。

遊民社の頃はよく観にいってましたが・・
最近は野田さんのお芝居は見ていないです。
最近は友人出演の舞台を観るだけでいっぱいいっぱいな感じなんです。

由香ちゃんの親友さんなのですね!
由香ちゃんとは「ミカエラ」でダブルキャストをやりました。
懐かしいです。。
今度逢う時にはよろしく伝えてくださいね!

>mikaさん

確かにお友達に演劇関係が多いと、友人の芝居詣でだけで目一杯ですよね〜wobbly

由香は今海外暮らしなので、帰国の度によく○○計画時代の友人からのお誘いが掛かり、必ず劇場詣でしてますよ。
今度会った時には必ず宜しく伝えますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の顔 | トップページ | 今年のおひなさま »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

counter


  • 無料カウンター
無料ブログはココログ